ベビー用品ならベビーザらスTOP シーン別おすすめおもちゃ、ベビー用品紹介記事まとめ 抱っこ紐のおすすめ商品!簡単な選び方、いつからいつまで必要なのか解説

抱っこ紐のおすすめ商品!簡単な選び方、いつからいつまで必要なのか解説

子育てに便利なのが抱っこ紐です。お出掛けをするときなどに、赤ちゃんをあやすためには欠かせません。現在さまざまな種類が販売されていますが、どれにしようと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。おすすめの抱っこ紐から簡単な選び方などを徹底解説していきます。

新生児に抱っこ紐は必要?いつからいつまで使用するのか

新生児の時期にあまり出掛けることはないため、抱っこ紐は必要なの?と思っている人もいるでしょう。とは言っても、退院時や定期健診など外に出ることは何度かあるはずです。そんな時、赤ちゃんがぐずっても大丈夫なように用意しておくと良いでしょう。

では、抱っこ紐はいつまで必要なのでしょうか。一概にはいうことはできませんが、2~3歳ごろまで使うことができます。歩けない赤ちゃんを連れてお出掛けするときはもちろんのこと、抱っこ紐は子どもが歩き出してからも役立つアイテムです。

【抱っこ紐があると便利なとき】
・家までの移動時間が長い場合やバスや電車などを利用するとき
・1週間検診などの定期検診や里帰りの時
・買い物に連れていかなければならないとき
・赤ちゃんがぐずってしまったときなど
・すぐに働き始めたり、家事を助けてくれる人がいなかったりするとき

抱っこ紐が人気なワケ!使用するメリットを紹介

子育てをしているママにとって、抱っこ紐は欠かすことができないアイテムです。とは言っても、必ず必要な育児グッズというわけではありません。あくまでも、あると便利になるお助けグッズとして考えると良いでしょう。

たとえば、赤ちゃんは抱っこされるのが好きです。お出掛けしている最中にぐずることもありますが、抱っこされることで安心感を抱き、寝かしつけることもできます。また、抱っこ紐を使うことでママやパパの負担を軽減させることにもつながります。腱鞘炎や肩こりがひどいという方には特におすすめです。

狭い場所やベビーカーが使いにくい場所などへいくときに役立ちます。種類によっては抱っこ中の両手が空くため、買い物の最中でも便利です。

知っておきたい抱っこ紐とスリングの違い

赤ちゃんを抱っこするためのアイテムとして、抱っこ紐でなくスリングを選ぶという方も少なくないかもしれません。どちらも目的は同じですが、どのような違いがあるのでしょうか。特徴だけでなく、メリット・デメリットについてもご紹介します。

抱っこ紐とは

まず、抱っこ紐には中央に赤ちゃんが据わるスペースがあり、肩ベルトと腰ベルトを調節して使います。そのため、子どもの成長に合わせて長く使用することができるのが特徴です。ママと赤ちゃんの身体がぴったりと固定され、ママの負担も軽減されます。

スリングとは

スリングとは、片方の方から布野をかけてつるし、赤ちゃんを布のなかに包み込んで抱っこするアイテムです。赤ちゃんはお腹のなかにいたころを思い出して、安心するといわれています。着脱が簡単でいろいろな抱き方ができる反面、赤ちゃんを手で支える必要があります。また、抱っこ以外にも目隠しや目除けなどで使うのに優れています。

抱っこ紐の選び方!簡単5つのチェックで完璧

両手を空けることができる抱っこ紐が欲しいという方も少なくないでしょう。とは言え、現在はさまざまな種類が販売されています。そのなかから、どのような点に注目して選べばいいのでしょうか。抱っこ紐の選び方についてご紹介します。

抱っこ紐の対象月齢をチェック

基本的に抱っこ紐は新生児から使うものですが、首が据わってからしか使えないものもあります。首の据わっていない新生児は、身体をしっかりと支えなければいけません。対象月齢と違う赤ちゃんに使用すると、身体の発達の妨げになることもあり、注意が必要です。

抱っこ紐のサイズや対象体重をチェック

対象月齢だけでなく、赤ちゃんの大きさによってサイズを選ばなければいけません。抱っこ紐の対象体重より重い赤ちゃんに使用すると破損して落下する危険性があります。また、夫婦が使いやすいサイズや、保管や移動時の持ち運びに便利なもいを選びましょう。

抱っこ紐の機能性をチェック

赤ちゃんを抱くだけの抱っこ紐ですが、機能性をチェックする必要があります。たとえば、赤ちゃんを正しい姿勢で抱けるのかです。正しく抱けないと、落下や成長の妨げになるかもしれません。そのため、シートやストラップの長さを調整できるものやパッドが付いているものなど、赤ちゃんや装着者の負担が少ないものを選ぶようにしましょう。

抱っこ紐の素材をチェック

抱っこ紐は赤ちゃんに直接触れるため、素材選びも大切です。基本的には、赤ちゃんの肌に刺激を与えないコットンやポリエステル、メッシュなどを選んでください。メッシュ素材は通気性も良いですが、寒そうに感じたら抱っこ紐用のケープを使用するのもありです。

抱っこ紐を使うときの抱き方をチェック

赤ちゃんには5種類の抱き方があり、抱き方で抱っこ紐を選びましょう。

横抱きタイプ 縦抱き対面タイプ
縦抱き前向きタイプ
縦抱き腰抱きタイプ
縦抱きおんぶタイプ

抱っこ紐のなかには、何種類もの抱き方が可能なものもあります。それぞれ、どのような特徴を持っているのかを以下でご紹介していきます。

横抱きタイプの抱っこ紐にある特徴

新生児を抱くための一般的な抱き方が横抱きタイプです。赤ちゃんの首を横に寝かせた状態で抱っこするやり方で、首が据わっていない赤ちゃんの負担を軽減させることができます。最初は赤ちゃんを手で支える必要がありますが、徐々にやらなくなってきます。

縦抱きタイプの抱っこ紐にある特徴

縦抱きの方法には、以下の4種類に分けられます。

対面抱き
前向き抱き
腰抱き
おんぶ

これらは、一般的に生後4ヶ月ほどで、首が据わってきたら使う抱き方です。使用期間も長いため、1本持っておくと便利かもしれません。また、インサート付きであれば新生児から使用可能です。狭い場所でもコンパクトに抱けるのが特徴で、授乳後は縦抱きにするとゲップが出やすくなります。基本的には両手を離せるので、ママの負担も減ります。

対面抱き

対面抱きとは、親と赤ちゃんが正面で向かい合う抱き方のことをいいます。赤ちゃんもママやパパの顔がみえるため、安心して眠ることができます。お互いの表情がみえるので、コミュニケーションが取りやすいのが特徴です。

前向き抱き

安心して眠ることはあまりありませんが、赤ちゃんが抱いている人と同じ方向を向く抱き方です。目の前に何かすてきな景色が広がっているなど、赤ちゃんの視野が広がることで、周りの人たちがみている同じ景色をみることができます。

腰抱き

赤ちゃんをママやパパの斜め前に抱いて、赤ちゃんがママやパパのお腹を横から、両手足で挟むような体勢にする抱き方です。この抱き方をすることで、外の景色をみやすい特徴があります。生後6ヶ月を過ぎると腰が据わり始めて、越抱きも可能になります。

おんぶ

シンプルですが、背中に赤ちゃんをおんぶする抱き方です。体の前で抱くよりも前傾姿勢になるため、体への負担は増えます。また、おんぶをしていると赤ちゃんの様子をみることができません。ただし、家事をしながら抱くときなどに便利です。

人気な抱っこ紐のおすすめ商品!

>>抱っこ紐をチェックする

抱っこ紐と一緒に揃えたいアイテムを2つ紹介

抱っこ紐を1本持っておくだけでも便利ですが、それ以外でも一緒に使うと便利さが増すアイテムがあります。こんな時はどうすればいいの?と感じたときに揃えておくと良いかもしれません。抱っこ紐と一緒に使うと便利なアイテムをご紹介します。

抱っこ紐収納カバー

抱っこ紐は育児をするうえで便利なアイテムですが、持ち運ぶとなると少し邪魔に感じてしまうことも。そんな時に、かさばる抱っこ紐を折りたたんで包み込み、小さくまとめられるのが収納カバーです。まとめているとスタイリッシュで、置き場所にも困りません。

抱っこ紐ケープ

大人と比べて外の気温の影響を受けやすい赤ちゃんは、体温調節が苦手で、防寒対策に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そんな時に、抱っこ紐用のケープがあれば体温調節をすることができます。また、ケープには雨や紫外線から守る役割もあります。

人気な抱っこ紐のケープのおすすめ商品!

>>抱っこ紐のアクセサリーをチェックする

抱っこ紐を持っていることで、育児の負担が軽減できる

今回は、おすすめの抱っこ紐やその他のアイテム、種類、選び方を解説しました。種類がたくさんあって迷うかもしれませんが、しっかりと選ぶことで赤ちゃんも快適に過ごすことができます。ぜひこの記事を参考にあなたにピッタリの抱っこ紐を探してみてくださいね。