ベビー用品ならベビーザらスTOP シーン別おすすめおもちゃ、ベビー用品紹介記事まとめ おすすめベビーサークル!折りたたみ式や木製、人気マットもご紹介

おすすめベビーサークル!折りたたみ式や木製、人気マットもご紹介

動き回っている赤ちゃんはいつみてもかわいいですが、ずっと目を離すことができずに困っている方もいるのではないでしょうか。そんなママたちを助けてくれるのが、ベビーサークルです。ひと口にベビーサークルと言ってもさまざまな種類があります。そこで今回は、おすすめのベビーサークルを一挙にご紹介していきます。

ベビーサークルの必要性・メリット

ベビーサークルとは、柵などで囲うことにより、赤ちゃんを安全に遊ばせておくためのアイテムです。とは言っても、本当に必要なのかと疑問に感じている方もいるかもしれません。そこで、なぜ必要なのか、ベビーサークルのメリットをご紹介します。

ベビーサークルが必要なわけ

赤ちゃんにとって家の中は安全と思っていませんか?コンセントや机の角、ゴミ箱の中など、触って欲しくないものに触り、口に入れてしまうこともあります。また、階段やキッチンなど危険な場所も少なくありません。ママやパパが見守ることが一番ですが、24時間は不可能です。赤ちゃんが安全に過ごせるように守ってくれるのが、ベビーサークルです。

ベビーサークルのメリット

ベビーサークルで囲われているため、親も安心して家事などに専念することができます。また、大好きなおもちゃやぬいぐるみを入れると、赤ちゃんにとっても楽しいお部屋になるでしょう。さらに、おもちゃもサークルの内部しか散らかりません。

ベビーサークルはいつからいつまで使用できる?

ベビーサークルは、客対応時やトイレ、料理中など、さまざまな場面で役立ちます。ずっと目を離せない赤ちゃんにだからこそ使えるアイテムです。具体的にいつ頃までに用意した方がいいのか、そして使わなくなってしまうのはいつなのかについてご紹介します

ベビーサークルはいつから必要なのか

ベビーサークルを使い始める時期は、家庭によってそれぞれです。一般的には、赤ちゃんの行動範囲が広がっていくハイハイをし始めるころから必要となります。また、兄弟やペットがいると、新生児のころから使う家庭も多いようです。

ベビーサークルはいつまで必要なのか

言葉が分からない赤ちゃんのうちは、「良い」「悪い」の区別がつきません。そのため、これらのことが理解できる年齢になったら卒業しても問題ないでしょう。また、自分から出られるようになるなど、本来の役目を果たさなくなったときも卒業する目安です。

必要なくなった後はどうする?

せっかく購入しても、不要になったら捨てるのは勿体ない気がしますよね。しかし、おもちゃの部屋として使い続けることもあれば、パソコンなど触って欲しくないものの前に置いてフェンスになることも。このように、さまざまな用途で活躍します。

ベビーサークルの選び方!

ベビーサークルを選ぶときにみるポイントは以下の4つです。

・種類
・使いやすさ
・サイズ
・安全性

種類

ベビーサークルの種類は主に「木製・プラスチック製・メッシュ・マット付き」の4つに分けられます。それぞれに特徴があり、使いやすさなどに応じて選ぶと良いでしょう。種類ごとのおすすめベビーサークルは後述します。

使いやすさ

使いやすさとは、赤ちゃんだけでなく、出入りするママやパパのことも考えなければいけません。入り口の形状やロック付きのものなど、臨機応変に使い分けできるタイプが便利です。

サイズ

サイズのことも頭に入れておく必要があります。ベビーサークルをどこに置くのかが重要になってきますが、部屋に置いて邪魔にならない程度の大きさを選びましょう。

安全性

赤ちゃんを囲うためのベビーサークルはどれも、安全性を第一に作られています。特に、どこからみても中の様子が分かる視認性に優れたもの一選ぶようにしてください。

ベビーサークルの種類は主に木製・プラスチック製・メッシュ・マット付き」の4種類

先ほどもご紹介したように、ベビーサークルの種類は「木製・プラスチック製・メッシュ・マット付き」の4種類です。では、それぞれにどのような特徴を持っているのでしょうか。

1. シンプルで頑丈な木製

他の素材と比べても、木製のベビーサークルはしっかりとした作りなので、丈夫で安定性があります。また、落ち着いた色合い、インテリアとマッチして、リビングなどに置きやすいのも特徴です。ただし、持ち運びは大変かもしれません。

2. バリエーション豊かなプラスチック製

プラスチック製のベビーサークルは、軽量でリーズナブルなのが特徴です。カラーバリエーションも豊富で、インテリアに合わせて選ぶことができます。また、水拭きもできて手入れが楽で、パネルにおもちゃがついているものも多いのも嬉しいポイントです。

3. 軽くて使いやすいメッシュタイプ

移動してベビーサークルを使うことが多い家庭もあるのではないでしょうか。メッシュタイプなら折りたたみ式が多く、軽量でコンパクトなのが特徴です。使うときにだけ出せるので掃除の時でも邪魔になりません。また、洗濯もできるから衛生面を気にするに方にもピッタリのタイプです。

4. 自由に遊ばせても安全なマットタイプ

最近、SNSでも話題となっているのがマットタイプのベビーサークルです。全体がクッションとなっているので、赤ちゃんが転んでしまっても安心です。そのため、プレイマットとして使用することもできます。他にも、足音を小さくする防音効果があることも嬉しいポイントではないでしょうか。

種類別!人気のベビーサークル

ベビーサークルは組み立てやすく、折りたためるものが便利!

赤ちゃんの居場所として欠かすことができないベビーサークルですが、その大きさからも邪魔に感じてしまうこともあるかもしれません。ほとんどが組み立て式ですが、なかには折りたためるものもあります。その効果を簡単にご紹介します。

組み立て式のベビーサークル

一般的な組み立て式のベビーサークルですが、パネルや部品を組み合わせて形を変えられるものも多いです。そのため、赤ちゃんの身体の成長に合わせて大きさを変更することができます。ただし、組み立てが難しく場所をとってしまうため、組み立ての簡単さも、ベビーサークル選びで考えるべきポイントと言えるでしょう。

折り畳み式のベビーサークル

その一方で、折りたたみが可能なベビーサークルは、使わないときに片づけられるのが特徴です。コンパクトサイズになるため、大きく場所をとることもありません。また、掃除がしやすくなるため、ホコリなどから赤ちゃんを守ってくれるでしょう。持ち運びが便利ということも嬉しいポイントではないでしょうか。

ベビーサークルのサイズの決め方

もちろん、部屋の広さによって選び方はさまざまです。とは言っても、小さすぎると赤ちゃんが窮屈に感じてしまいます。そのため、設置場所などを想定して、適度に活動できる広さを選びましょう、大きさを変えられるものや、簡単に移動させられることも考慮してください。

ベビーサークルの安全性の確認方法

どのベビーサークルも安全性に考慮されて作られていますが、安全性を第一に考えて選ぶようにするのがよいでしょう。

サークル内の赤ちゃんの様子が見えるか

ベビーサークルは、中の様子が常に見えるものを選ぶようにしましょう。どの角度からだけでなく、少し離れた場所からでも様子が見えると安心です。覗き込まないと中の様子が分からないものはNGです。

角にぶつけたり、体を挟んだりする心配がないか

ケガ防止という意味でも、角がないものや柔らかい素材が使われているものを選びましょう。赤ちゃんは転びやすく、身体も柔らかくてケガをしやすくなっています。倒れにくい構造だけでなく、格子の隙間や扉で体を挟む心配はないかも確認してください。

サークルの出入り口の構造を考える

扉になっているタイプとまたいで入るタイプがあります。扉がついていれば、外からしか開けられないものや鍵付きのものを選びましょう。またいで入るタイプは、抱っこして入る必要がありますが、ドアの締め忘れや、兄弟が勝手に外に連れ出す可能性がなくなります。

ベビーサークルは慎重に選ぼう

今回は、おすすめのベビーサークルや種類、選び方を解説しました。使う用途や住んでいる場所などによって、どのベビーサークルを選ぶかは家庭によって違います。ぜひこの記事を参考にあなたにピッタリのベビーカーを探してみてくださいね。