ベビー用品ならベビーザらスTOP シーン別おすすめおもちゃ、ベビー用品紹介記事まとめ 離乳食の進め方!初期・中期・後期・完了期のおすすめ離乳食と食べないときの対処法

離乳食の進め方!初期・中期・後期・完了期のおすすめ離乳食と食べないときの対処法

そろそろ離乳食をと考えている家庭も多いのではないでしょうか。とは言っても、はじめてのママやパパは「本当に食べてくれるのかな?」と不安に感じているかもしれません。母乳やミルクを飲んできた赤ちゃんが、離乳食へと切り替わるための方法はどうすれば良いのか気になるところ。それらを踏まえて、おすすめの離乳食についてもご紹介します。

離乳食とは

離乳食とは母乳やミルクをやめることではなく、母乳やミルク以外の食品からも栄養を摂取し、幼児食へと移行する過程の食事のことです。月齢に応じて母乳やミルクとの割合、食品の大きさや固さを変えていき、さまざまな食品の味や食感を覚えさせていきます。

離乳食はなぜ必要?

母乳やミルクしか飲めなかった赤ちゃんが、大人と同じ食事をするための第一歩が離乳食です。食べるための練習という意味もありますが、母乳やミルクでは足りなくなる栄養を補うという役割もあります。また、日本人の食事は生ものや繊維質が多いため、それだけ離乳食の必要性は高いということができるでしょう。

離乳食の進め方とスケジュールについて

  • 月齢
    5~6ヶ月頃
    7~8ヶ月頃
    9~11ヶ月頃
    12ヶ月頃
  • 区分
    初期(ゴックン期)
    中期(モグモグ期)
    後期(カミカミ期)
    完了期(パクパク期)
  • 食べ方の目安
    1日1回
    1日2回
    1日3回
    1日3回
  • 食事の目安
    なめらかな状態
    舌でつぶせる固さ
    歯茎でつぶせる固さ
    歯茎でかめる固さ

離乳食には初期、中期、後期、完了期があります。厚生労働省によると、離乳食をスタートさせる目安は生後5~6ヶ月頃です。この時期になると、首が据わってきたり、お座りができたりするようになります。

ただし、これらはあくまでも目安でしかありません。スタートが早すぎると赤ちゃんに拒否され、離乳食をうまく進めることができません。スプーンを口に入れても哺乳反射を起こさず、スプーンを嫌がらなければ、離乳食を始めるにはいいタイミングといえます。

【離乳食の進め方】初期の進め方とおすすめ商品

初期はゴックン期とも呼ばれ、赤ちゃんに離乳食を慣れさせるための期間でもあります。なるべく赤ちゃんの機嫌がいいタイミングを選び、1回の授乳を離乳食に置き換えます。最初は消化も良くアレルギーの心配が少ないおかゆから始めると良いでしょう。慣れてきたら、にんじん、ほうれん草、かぶ、かぼちゃといった野菜を加えていってください。うまく進まないこともあるかと思いますが、栄養の9割は母乳やミルクで摂取できるので問題ありません。

【離乳食の進め方】中期の進め方とおすすめ商品

生後7~8ヶ月ごろの中期はモグモグ期とも呼ばれ、豆腐や白身の魚が食べられるようになります。また、卵の黄身も食べられるようになりますが、卵はアレルゲンになりやすいため、固ゆでの卵黄から慎重にはじめるようにしてください。この頃になると、上手にゴックンができ、離乳食の回数も1日2階に増やしてみましょう。ただし、速いペースで食べ物を与えると丸飲みのくせがつくため、ゆっくり口に運ぶようにします。

【離乳食の進め方】後期の進め方とおすすめ商品

生後9~11か月の後期はカミカミ期とも呼ばれ、この頃になると栄養の6~7割を離乳食から摂るようになります。豚肉、牛肉、青魚も食べられるようになり、バランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。また、1日2回の離乳食に慣れてきたら、3回食に増やします。できるだけ大人と同じ時間、決まったタイミングで食べさせるようにして、生活リズムを整えてあげることが大切です。

【離乳食の進め方】完了期の進め方とおすすめ商品

生後12ヶ月頃の完了期はパクパク期とも呼ばれ、ほとんどの食品を食べられるようになります。大人と同じ薄味にしてみるのも良いですが、固すぎるものや生野菜などは避けてください。また、1歳を過ぎたあたりから離乳食で十分な栄養が摂取できるため、卒乳・断乳というように、牛乳に切り替えても良い時期です。ただし、赤ちゃんにとって授乳が心の拠り所になっていることもあるため、無理なく授乳を減らしていってください。

今回ご紹介した離乳食以外にもおすすめの離乳食はございます。人気のメニュー10個セットなどセット商品もあるので、ぜひチェックしてみてください。

>>離乳食はこちら

赤ちゃんが離乳食を食べてくれない理由は

一般的に生後5ヶ月頃から離乳食を始めることがほとんどですが、中には離乳食を食べてくれないと悩んでいるママさんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんには一人ひとりに個性があり、大人のようにがまんして食べるということができません。

乳食の時期が早すぎる
お腹が満たされている
スプーンやいすの感触が苦手などデリケートな理由の場合も

これを踏まえた上で、赤ちゃんが離乳食を食べない理由と対処法についてご紹介します。

乳食の時期が早すぎる

そもそも離乳食の時期が早すぎることも考えられます。母子手帳などに記載されている時期はあくまでも目安に過ぎません。周りが始めているからと無理に食べさせようとせず、赤ちゃんのタイミングに合わせてあげるのも大切です。

お腹が満たされている

また、母乳やミルクでお腹が満たされていることも考えられます。初期や中期だと母乳やミルクと一緒に離乳食を摂取するため、赤ちゃんはそれだけでお腹がいっぱいになることがあります。最初に離乳食を与えてみて反応をみてみましょう。

スプーンやいすの感触が苦手などデリケートな理由の場合も

他にも、スプーンやいすの感触が嫌いだったり、みんなと一緒に食べたかったりなどの理由で離乳食を拒否するケースもあります。まだ言葉を発することができないだけに、コミュニケーションを取りながら、赤ちゃんにとって最適な環境づくりをしていきましょう。

離乳食を食べてくれないときの対処法

時期を見直す
離乳食の調理方法を変えてみる
食事の環境を変える
食べさせ方を工夫

時期を見直す

まず、初期段階であれば離乳食を始める時期を見直してみてください。一度拒否しても赤ちゃんの成長は早いので、2~3週間後には状況が変わっているかもしれません。また、1歳頃までは母乳やミルクで栄養を摂取できるため、焦らずゆっくりと進めましょう。

離乳食の調理方法を変えてみる

次に、離乳食の調理方法を変えてみてください。離乳食は、徐々にドロドロしたものから固形物に移行していきます。この変化に慣れないこともあるでしょう。また、ドロドロしたものでもわずかな粒が残っているだけで嫌がる場合もあるため、注意してください。

食事の環境を変える

最後に、食事の環境を変えてみることです。スプーンを嫌がっているのであれば、他の材質のスプーンで試してみましょう。また、大人が食事をしていることに興味をしていたら、ママやパパの食事時間と合わせて離乳食を与えてみるのも良いかもしれません。

食べさせ方を工夫

離乳食を食べさせるのは試行錯誤の連続ですが、ちょっとしたコツでスムーズに食べさせることができます。最初はなかなか食べてくれないものですが、スプーンで下唇をやさしくトントンとふれ、口を開けたらスプーンを水平に下唇にのせてください。スプーンを引き抜いた後に「モグモグしてね」と声を掛けてあげることも忘れずに。

市販の離乳食を上手に活用しながら子育てしよう

今回は、離乳食を進めるための方法から、おすすめのベビーフードまでご紹介してきました。安心・安全な食を与えたいという気持ちからすべてを手作りでこだわるのではなく、市販の離乳食も上手に活用してみることも大切です。添加物が一切使われていないなど、安心して赤ちゃんに与えられるものもたくさん販売されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。