おもちゃならトイザらスTOP シーン別おすすめおもちゃ、ベビー用品紹介記事まとめ 子供用の自転車の選び方!インチ別人気子供用自転車とヘルメットなど紹介

子供用の自転車の選び方!インチ別人気子供用自転車とヘルメットなど紹介

子供用の自転車の選び方

誕生日プレゼントや入学・入園祝いとして子供に自転車を贈ろうと検討している方も多いのではないでしょうか。とは言っても、初めて購入する方にとっては、どんなものを選べば良いのか分からずに悩んでいるかもしれません。そこで今回は、子供用自転車の選び方からおすすめの商品までたっぷりとご紹介していきます。

子供用の自転車って何?

子供用の自転車とは、別名「キッズバイク」「トレーニングバイク」「ランニングバイク」などと呼ばれています。一般の自転車とは異なる仕様を持つものがあり、そのなかでも補助輪は有名です。他にもタイプがあり、子供用の自転車は大きく3つに分類されます。

1. ペダルがない自転車
2. 補助輪、またはかじとり棒が付いている自転車
3. 補助輪のない自転車

最近では、バランス感覚が養われるなどの理由から「ペダルがない自転車」が人気です。そのため、いきなり補助輪なしで自転車に乗れる子も少なくありません。また、補助輪付きの自転車も成長に合わせて外すことができるため、コスパ的におすすめです。

はじめての子供用自転車はいつごろがいい?

一番小さい規格の12インチであれば身長80cmくらいからあるので、2~3歳くらいのお子さんから乗ることができます。ただし、成長には個人差があるため、焦らずゆっくりとデビューさせることを心掛けてください。プレゼントする時期については、雨や雪の多い時期は避けるなど、外で遊べるときを選ぶのが良いでしょう。

子供用自転車の買い替えのタイミングはいつごろ?

お子さんの成長に伴い、自転車のサイズも変わってきます。買い替えを検討すべきタイミングとしては、以下の3つが考えられます。

1. 自転車のサイズが身体に合わなくなった
2. 自転車が古く故障や安全性が心配になった
3. 兄弟の趣味が合わなくなった

先ほども触れたように、子供用自転車の重要な要素が「サイズ」です。体に合ったサイズの自転車に乗ることで、けがの防止や上達スピードの向上につながります。お子さんとしっかりコミュニケーションを取っていきながら、買い替えるようにしましょう。

子供用自転車の選び方【サイズ編】

子供用の自転車を選ぶにあたって、一番大切なのはサイズです。目安で対象年齢が記載されていることもありますが、しっかりと適応身長を確認しておきましょう。

  • サイズ
  • 身長
  • 年齢(目安)
  • 16インチ
  • 102cm~
  • 3~6歳
  • 18インチ
  • 103cm~
  • 4~8歳
  • 20インチ
  • 113cm~
  • 5~8歳
  • 22インチ
  • 116cm~
  • 6~11歳
  • 24インチ
  • 131cm~
  • 7歳以上

適正なサイズを選ぶためには、一度はまたがってみてください。「サドルを一番低い位置に下げたときに、両足のつま先がギリギリ地面につくくらい」を目安にすると分かりやすいです。子供本人の感覚と相談しつつ、ぴったりのサイズを探しましょう。

付供用自転車の選び方【重さ編】

子供と一緒に自転車ショップへと向かいますが、子供用自転車といっても種類はさまざまです。一体どれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。子供が「欲しい」と気に入ったものを買ってあげたいところですが、いくつかの選ぶポイントがあります。

まだまだ自転車の運転に慣れないうちは、公道で走らせることは避けるようにしてください。そのため、公園や土手などへ持ち運ぶ必要があります。子供用自転車は比較的軽量のものが多いですが、お子さんでも持ち上げられる程度の重さのものを選んであげると、いろいろと便利かもしれません。

合わせて買いたい!子供用ヘルメットやサドルカバーなどのオプション品

どれだけ安全に自転車を運転していても、転んでしまうこともあります。そんなときに、衝撃から大切な頭を守ってくれるのがヘルメットです。内側の素材には、軽くて衝撃に強い「ブラックEPS」を使用し、自転車でのお出かけの際には頭部をしっかりと守ってくれます。また、サイズ調整ベルト付きで、お子さんの成長に合わせて使用可能です。

>>ヘルメット・プロテクターはこちら

自転車から転んでしまったときに、守りたいのは頭だけではありません。まだ成長段階である子供の身体は、あらゆる衝撃に弱くなっています。特に傷がつきやすい膝を守ってくれるのがプロテクターです。自転車に乗っているとつい楽しくなってママやパパも心配になってしまいますが、プロテクターを装着することで安心感を保つことができます。

>>ヘルメット・プロテクターはこちら

お子さんの全体重がかかるサドルは、ずっと乗っているとボロボロになりやすい箇所でもあります。そんなサドルを日焼け止めや一時的な防水などに効果を発揮するのがサドルカバーです。上からかぶせるだけで簡単にフィットするので、取り付けは簡単です。好きな柄を選んで取り付ければ、オリジナル自転車の感性です。

>>その他の自転車用品はこちら

安全に自転車に乗るためにも、タイヤの空気は常にしっかりと入れておきたいところ。近所の自転車屋さんに行けば無料で空気入れを貸してくれますが、いつでも気軽に入れるためにも自宅に1台は用意しておきましょう。自転車のタイヤ以外にも、バスケットボール、ゴムボール、浮き輪、ビーチボールにも対応しています。

>>ポンプ(空気入れ)はこちら

いつの時代になっても、自転車の盗難被害は減ることがありません。大切なお子さんの自転車を守るために、しっかりと施錠しておくことは大切です。長さの100cmのワイヤーロックタイプで、外出先やコンビニ、自転車から目を離す際にも、簡単に施錠することができます。自分の自転車を守るという意識づけのためにも用意しておきましょう。

>>鍵はこちら

自転車での外出に慣れてくると、空が暗くなるまで遊びに出かけることも少なくありません。そんなとき、自転車にライトが付いていなければ事故に遭うこと可能性が高くなります。ライトが付くだけでなく、25種類のサウンド付きでお子さんを危険から守ってくれます。工具不要で取り付け可能なので、DIYが苦手な方でも安心です。

>>ライトはこちら

子供の成長に合わせて適切な自転車を選ぼう

今回は、子供用自転車の選び方を中心にご紹介してきました。タイプやデザイン、機能はさまざまですが、一番は子供が乗りやすいサイズの自転車を選ぶことです。靴や洋服のサイズと同じように、子供にフィットする自転車を探してあげましょう。また、記事中でご紹介した商品は売り切れることもあるので、気になる方はお早めにチェックしてみてくださいね。