ベビー用品ならベビーザらスTOP シーン別おすすめおもちゃ、ベビー用品紹介記事まとめ おすすめバウンサー!いつからいつまで必要なのか、使うメリットとは?

おすすめバウンサー!いつからいつまで必要なのか、使うメリットとは?

赤ちゃんの動きに合わせて揺れる「バウンサー」は、ゆりかごの役目をしてくれる赤ちゃん用品で、最近注目のアイテムです。子育てに便利なバウンサーについて用途や正しい使い方、いつまで使うのが良いのかなど、バウンサーの選び方のポイントも交えてご紹介します。

そもそもバウンサーとは

バウンサーとは手で揺らしたり、赤ちゃんの動きによってゆりかごのように揺れたりするベビーチェアです。最近注目されている赤ちゃん用品でもあります。
ハイローチェアを検討するパパママさんと同じく、バウンサーも必需品ではありませんが、抱っこ紐の代わりに購入する人が増えています。折りたたみ式のものもあるので、ご家庭の様々な場所に移動させて使用できます。

バウンサーにはどんな種類がある?種類別に特徴をご紹介!

バウンサーの種類は「バウンサータイプ」と「ラックタイプ」の2つに分けられます。それぞれ解説します。

バウンサータイプ

バウンサーには大きく分けて手動と自動の2つのタイプがあります。どちらも角度の調節ができ、高さは低い位置で固定されたものがほとんどです。軽量でコンパクトに設計されたバウンサーは持ち運びに便利で屋内でも屋外でも移動が楽にできます。生まれたての新生児は首が座っていないため、使用には十分な注意が必要です。使用可能年齢は必ず確認してから購入するようにしましょう。

ラックタイプ

バウンサーはよくベビーラックと比較されますが、ラックタイプのものは新生児のベッドとして使用できることが最大の強みです。離乳食を与えるのに大人と同じテーブルの高さに調節でき、4歳頃まで子供用いすとしても十分使え使用可能期間が長いのが特徴。リクライニングや高さ調節、オートウイング機能、着脱式テーブルなど赤ちゃんの成長や用途に合わせて柔軟に対応することができます。

「バウンサー」と「ハイローチェア」の違い

バウンサーと同様に赤ちゃん用品で検討されるのがハイローチェア。決定的な違いは高さの調節機能の有無です。

大きな違いは高さの調節機能の有無

バウンサーは比較的コンパクトでリクライニングや電動揺れ機能が装備されています。一方でハイローチェアの場合、基本機能は同じで、高さの調節がフレキシブルにできるのがポイント。キャスター付きで移動がしやすい反面、折りたたんで持ち歩くのには少々かさばる大きさです。

価格帯はバウンサーのほうが安い

価格帯はバウンサーが5000円台からあるのに対し、ハイローチェアは2万円前後からとお値段に差が出ます。赤ちゃんの年齢や用途によって機能的な方を選ぶとよいでしょう。

バウンサーはいつからいつまで使えるの?新生児にも使える?

一般的には「生後3週間から2歳ごろまで」を使用期間として想定して作られているものが主流です。ですが、バウンサーには、新生児もしくは生後1ヶ月から使用できる商品があります。
バウンサーのタイプによって、簡易ベッドのように使用できるものから角度の調節によってイスのように活用できるものまで幅広い品ぞろえがあります。

バウンサーは必要なの?メリットを徹底解説!

  • ・抱っこの重さから解放される
  • ・目覚めても揺れであやされてまた寝てくれることも
  • ・授乳後の吐き戻しを軽減

バウンサーを活用するメリットは上記のような点が挙げられます。これだけでも、育児をする上で十分に必要性があると考えられます。メリットについて、それぞれ解説します。

抱っこの重さから解放される

新生児や乳幼児はお母さんの姿が見えなくなると泣き出してしまいます。しかし抱っこしながら一日中家事や作業をこなすのは大変な重労働です。そんな時バウンサーなら赤ちゃんの動きに合わせて揺れるため、赤ちゃんが安心してお昼寝をしてくれます。また赤ちゃんがお母さんの姿を確認しながら過ごせるため、赤ちゃんの機嫌を保てます。
抱っこをするのに疲れたらバウンサーに移動して、体の負担をリリーフさせる良いツールでもあります。

目覚めても揺れであやされてまた寝てくれることも

赤ちゃんのお昼寝はお母さんの家事をスムーズにする良いタイミングです。眠くてぐずってしまう赤ちゃんも、バウンサーの自然な揺れでしっかりとお昼寝体制に入ってくれるというメリットがあります。電動式で適度な揺れを継続してくれるモデルもあり、赤ちゃんの心地よい眠りを促してくれるのがメリット。ただしバウンサーによる揺れが苦手と感じる赤ちゃんもいますので、個人差があることも留意しておきたい点です。

授乳後の吐き戻しを軽減

赤ちゃんは授乳後にげっぷをしたり、ミルクを吐きだしたりしてしまいます。ほとんどの場合、寝かされて頭が低い位置にくるため胃から逆流したミルクが出て来てしまうために起こります。バウンサーなら完全に平らにならず、頭を高くしながら寝かせることが可能なのでミルクの吐きだしが軽減される効果があるのです。

バウンサーを使う際の注意点!赤ちゃんとの相性など

座るのを嫌がる赤ちゃんも

バウンサーは購入する前に赤ちゃんに合うかどうか確認をしておくのが賢明です。バウンサーは基本的にロッキングチェアのように前後に揺れるため、そもそもその揺れを受け付けない体質の赤ちゃんには向きません。抱っこに慣れた赤ちゃんは腕から離れると急に泣き出すこともあり、赤ちゃんの傾向を知っておく必要があります。

寝かしつけが目的ではない

バウンサー本来の目的は、赤ちゃんを遊ばせることです。バウンサーの持ち手などにおもちゃやチャームが付いて、赤ちゃんが飽きないように作られているものも少なくありません。赤ちゃんを抱っこしたままでの作業や家事が大変なため、一時的にバウンサーに座らせたり、ミルクを飲ませたり、ぐずっている赤ちゃんを優しくお昼寝させたりするための用具で、寝かしつけ用のグッズでないことは留意しておきましょう。

バウンサーの選び方!こだわるべき5つのポイントとは

  • ・耐荷重
  • ・電動かどうか
  • ・折りたたみできるか
  • ・カバーは洗濯できるか
  • ・リクライニング機能の段階

バウンサーを選ぶ際には5つのポイントをチェックしておきましょう。それぞれ詳しく解説致します。

耐荷重をチェック

バウンサー選びは耐荷重がよい目安となります。一般的にリクライニングで荷重を調節できるものが人気で、耐荷重13キロくらいのものを選べば0歳から3歳頃まで長く使用できます。何キロの重さに耐えられるかという基準で、赤ちゃんの年齢に合わせてタイプを選びましょう。

電動かどうか

バウンサー選びのポイントに電動か手動かということも大切なポイントです。電動は赤ちゃんがお昼寝の途中で起きても揺れが心地よいことでまたよく寝てくれるので、家事や用事の手を止めて揺らしてあげる必要がないことがメリットです。
特に赤ちゃんが半年までの間、電動は重宝するかもしれません。その反面でケーブル式では移動が難しいことと、重量は重くなってしまうマイナス点も持ち合わせています。手動でも一度揺れ始めると1,2分揺れ続けるという継続タイプもあり、用途と利便性を考慮して検討が必要でしょう。

折りたたみできるか

バウンサーの利点は軽量で持ち運びに便利なところです。特に折りたたみ式でかさばらないバウンサーは移動にも収納にもありがたいですね。バウンサーの形状によっては軽いけれど折りたためないタイプのものがあります。外出先でも利用したい場合は、重量や車に積み込みができるかなど、具体的な使い方を考慮したうえで選ぶとよいでしょう。

カバーは洗濯できるか

バウンサーはカバー付きのもの、もしくは通気性の良いメッシュ、ふき取りが簡単な撥水生地など清潔に保てるものを選びましょう。なぜなら、赤ちゃんの生活の中でミルクの吐き戻しや食べこぼし、よだれによる汚れは頻繁に起こります。また赤ちゃんは小さい体でも大人と同じだけ汗をかくためです。衛生を保てる素材を選びましょう。

リクライニング機能の段階

バウンサーの選ぶポイントに調節機能も忘れてはいけません。いす部分の傾斜角度を調節できると食事の際や、手が離せない状況の時に安全に赤ちゃんを座らせることが容易です。段階調節ができると用途が広がるだけでなく、長期にわたり使用することができるため、コストパフォーマンスが良くなります。

おすすめバウンサー

今回ご紹介したバウンサー以外にもおすすめのバウンサーは、まだまだございます。
種類や用途に合わせたバウンサーを取り揃えているので、こちらからぜひ、チェックしてみて下さい。

>>バウンサーをチェックする

用途に合わせてバウンサーのオプション機能も検討してみよう!

バウンサー選びで必要となる基本的な機能をみてきました。バウンサーには赤ちゃん用のおもちゃが付属されているものも多くみられますが、中にはオプションを搭載した最新モデルも目立つようになってきました。付属のオプションで使用範囲も広がるバウンサーオプションについてご紹介します。

おもちゃ付きや音楽機能など赤ちゃんをあやすオプション

バウンサーに付いていると嬉しいオプションは、赤ちゃんが飽きない遊べるおもちゃや、スムーズな眠りを誘う音楽です。
バウンサーに赤ちゃんの興味を引き付ける遊具や音楽が付帯されていると、家事や作業が中断されずに済みます。おもちゃやメロディ機能が搭載のバウンサーは、より育児をスムーズにしてくれるヘルパーとなりうるでしょう。

アプリ連動機能オプション

アプリでの操作は、育児の世界でも常識になりつつあります。バウンサーにもBluetooth搭載で遠隔操作ができるものが登場。スマホと連動させることで好きな音楽を流したり、スイング機能の調節をしたりできます。スマート機能を利用して時間を有意義に活用してみましょう。

おすすめバウンサー用おもちゃ

バウンサーを使って育児を快適に

今回はバウンサーの使い始める時期や機能、メリットについて紹介しました。バウンサーやハイローチェアなど子育ての必須アイテムだと認識していただけたのではないでしょうか?ご紹介したバウンサー選びのポイントや、付いていると嬉しいオプションなど、用途や赤ちゃんに合わせたバウンサー購入を検討してみて下さい。