おもちゃならトイザらスTOP シーン別おすすめおもちゃ、ベビー用品紹介記事まとめ 世界地図・日本地図が楽しく覚えられる!おすすめ教材おもちゃ

世界地図・日本地図が楽しく覚えられる!おすすめ教材おもちゃ

日本地図や世界地図のおもちゃは知育教育にも効果があるとされています。遊ぶだけでなく、学習にも良い影響があるのは嬉しいポイント。しかし買い与える場合、どんなタイプを、何歳からが適正なのか困ってしまう方も多いのでは。今回はそんな日本地図・世界地図のおもちゃの魅力を徹底解説。この記事を参考にぜひ日本地図・世界地図のおもちゃ購入を検討してみてください。

地図のおもちゃで幼児教育の効果を引き出す

一人で学ぶ感覚を身につける

子どもは遊びながら自然に学んでいくことがとても上手。「学習」という概念ではなく遊びの中で知識を吸収していくという自宅学習法が効果的です。普段から地図に触れて遊びの延長で地形や地名を覚える習慣が身につけば、学校での勉強にも役立ちます。

記憶力の向上

地図にある地名や地形には規則はありません。遊びながら地図を学ぶことで名称を覚える暗記メソッドが自然と確立されていきます。関連性のない事柄を脳で処理し、覚えていくためのタグ付け作業が向上するため、記憶力の発達に役立つのです。

集中力を養う

地図のおもちゃで遊ぶと子どもの集中力を養うことができます。複雑な作業を長時間集中して行うのは子どもには困難ですが、地形と地名の暗記は単純作業の繰り返し。シンプルな作業を反復することで集中力のトレーニングにつながります。

図形認識能力

幼児の積み木遊びは、図形の認識能力を構築するために役に立ちます。同様に国や都道府県などを覚えることで、2次元の情報を頭で構成し、図形や造形を想像できるようになる力が備わります。特に遊び感覚で行うパズルのような地図のおもちゃは、図形認識を潜在的感覚で行うため子どもにも負担になりません。

世界地図を覚えるメリットをご紹介!

地図のおもちゃといっても日本地図、世界地図どちらから始めるのが適当なのでしょう。ここでは世界地図を取り入れるメリットについて掘り下げてみました。

国際感覚の第一歩に

世界地図に幼少のころから触れていることで視野が広くなり国際感覚を身に着けることができます。世界の国名を覚えるとニュースなどに登場する海外の情報に敏感になりグローバルな視野が開眼。早くから世界の地名になじみがあることで、将来の試験や受験の際も学習が容易になるでしょう。

教養につながる

ある調査で東大生の家庭59%に地球儀が置いてあるという面白い結果が出ています。小さいころから世界の国の首都、気候、特産物など国にまつわる情報を知ることで教養の豊かな人材育成ができるようです。親子で遊べる地図おもちゃなら、コミュニケーションを取りながら子どもの洞察力や創造力を育成し、多様性をもったパーソナリティ形成に貢献できるでしょう。

日本地図を覚えるメリットをご紹介!

日本地図を取り入れるメリットをご紹介します。

小学校の地理・社会の先取り

日本地図は一般的に小学3年生もしくは4年生で学習します。都道府県名は子どもたちが日本史を学ぶ上でも非常に重要になるだけでなく、社会人になっても一般常識として浸透しておくべき項目。出身地や勤務地の土地柄、特徴などを理解していれば、コミュニケーションツールとしても活用することができます。またグローバルに活躍する職業に就いた場合、日本の地理的な特徴や土地柄を上手く説明できれば国境を越えた文化交流も容易になります。地理を小さい間に身に着けておくと、将来のソーシャルスキルを伸ばすためにも非常に役に立つでしょう。

地図おもちゃは何歳の子どもに与えればいいの?

日本地図・世界地図には、子どもの年齢に応じたおもちゃがあります。年齢に応じて情報量が異なっていますので

3歳ほどなら地図のシートやカルタなどを

3歳以下のおもちゃは地図がシート状になったポスターの様なものやかるたなどが適当でしょう。3歳までの幼児は、五感を敏感に働かせて情報を吸収していきます。ママパパとのコミュニケーションによって感覚でモノを認識する時期ですので、まずは地図に触れ身近になっていく感覚を養うことで自然と学習する感覚が身につくでしょう。3歳半くらいになると文字に敏感になるため、フリガナのついた地図おもちゃによって文字学習も同時に向上します。

5歳~7歳ならパズル機能のあるものを

この時期の子どもは言語や数字以外の文化的なものに興味を表しはじめます。この頃美術的な感覚や生物に対する好奇心、地理や歴史などへの関心が高まるため、地学を学習するのに適した年齢と言われています。パズルやゲーム形式の地図おもちゃや地球儀などを買い与えるのにも適切な年齢でしょう。

8歳以上の場合は補足知識が豊富なものを

この時期に適正なものとして、地図のおもちゃという感覚の商品は少なくなり、学習色の濃い地図が主流となります。文字を読むことには抵抗が無くなるため、知的好奇心を刺激する情報量があるタイプが好まれます。都道府県や国の名前だけでなく土地柄、食べ物、気候、文化などといった詳しい情報が吸収できる学習性の高い商品を選ぶとよいでしょう。

おすすめの世界地図の教材

おすすめの世界地図はいかがだったでしょうか?他にもおすすめの世界地図がございます。気になる方はぜひ、こちらからチェックしてください。

>>世界地図を詳しくチェックする

おすすめの日本地図の教材

おすすめの日本地図はいかがだったでしょうか?他にもおすすめの日本地図がございます。気になる方はぜひ、こちらからチェックしてください。

>>日本地図を詳しくチェックする

地図おもちゃの力をさらに引き出す!おすすめの使い方2つ

地図の学習は知育教育といわれ、親子で参加することで更に効果をあげることができます。地図おもちゃを親子で使うことで、子どもは親との双方向なコミュニケーションによって自己表現が上手になります。また地図の学習が日常生活に自然にあることで、発展学習を身に着けることも容易です。親子で学習すること、常に地図が生活の中にあることこの2つの観点から学習方法について掘り下げてみましょう。

おすすめの使い方1、親子一緒にコミュニケーションを取りながら学ぶことでさらに効果アップ

まず親子で一緒に取り組む地図学習に焦点を当ててみましょう。親子で会話をしながら一緒に学んでいくという楽しい環境は脳内をリラックスさせ、記憶向上を促進します。楽しい感情は新しい興味につながり、学習しているという意識をせず、教養を身に着けることができるため一度覚えたことを忘れにくくする相乗効果もあります。これはシータ波と呼ばれる波動が脳内に増量して起こる作用で、科学的に有効であることが証明されています。

プラスで地名や地域に補足情報を教えることでより深く学習できる

親子で学習する一番のメリットは充実したコミュニケーションです。子どもは親の注目を浴びていることに心地よさを覚えます。コミュニケーションをしながら情報を吸収するという方法は「エピソード記憶」と呼ばれ、体験したことや映画や小説のようにストーリー性を含んだものの記憶に追随し、ランダムに名前や数字を覚える「意味記憶」と比べて格段に深く長く記憶に残すことができるのです。そのため親子で学んだ地図は、学習した背景と一緒に記憶に定着しやすいといえるでしょう。

おすすめの使い方2、いつでも地図おもちゃに触れられる環境を!

地図を記憶するにあたりもう一つ重要なのは反復することです。すぐ目につく場所に地図おもちゃがあると頻繁に遊ぶようになります。地図の存在が身近になることが身に着けるための近道でもあるので、具体的にどのようなことに重点をおくべきなのかポイントについてご紹介します。

ポスターの場合は目線の高さに

地図ポスターやシートなど壁にディスプレイできるタイプは、過ごす時間が多いリビングや頻繁に利用するトイレなどに貼っておきましょう。子どもの目線に合わせやすい高さにも注意して、常に地図が身近にある環境を整えると学習効果があがります。

パズルの場合はいつでも使えるように

パズルやかるた形式のゲーム感覚のおもちゃは、クローゼットやおもちゃ箱にしまい込まず、いつでも取り出せる場所に保管しましょう。目の届くところにあることで、自発的に地図おもちゃで遊ぶようになります。子どもに強要するのではなく、積極的に地図に親しめる環境作りが重要といえるでしょう。

地図おもちゃで楽しく知育教育を!

地図おもちゃを取り入れる効果とおすすめの商品をご紹介しました。子どもたちは好奇心が旺盛です。強要しなくても地図おもちゃのように興味を引くツールがあれば、自然と知識を身に着けることができます。学習が机の上だけでなく遊ぶことから身につくと、長く記憶に残り将来必ず役に立ちます。地図おもちゃは進物にもとても喜ばれる品物。この機会にぜひ入園やお誕生日のお祝いとして、地図おもちゃのプレゼントを検討してみてはいかがでしょうか。