ベビー用品ならベビーザらスTOP シーン別おすすめおもちゃ、ベビー用品紹介記事まとめ マタニティウェアはいつから?安くておすすめの人気マタニティウェアを紹介!

マタニティウェアはいつから?安くておすすめの人気マタニティウェアを紹介!

女性の身体は妊娠すると、妊娠前と比べて大きく変化し始めます。そんなどんどん変化していく妊娠期の身体に対応できるように、さまざまな工夫が施されているのがマタニティウェアです。そこで今回は、出産をするまでおしゃれを楽しめるよう、マタニティウェアについての基礎的な知識から、おすすめの商品までたっぷりとご紹介していきます。

マタニティウェアとは

マタニティウェアとは、妊娠中の身体を優しくサポートしてくれる下着や洋服のことをいいます。ゆったりとしたシルエットが特徴的で、大きなお腹でも楽に着られるのが最大のポイントです。ただサイズが大きいだけでなく、機能や素材など、妊娠中の身体に配慮したさまざまな工夫が施されています。マタニティウェアの役割を確認していきましょう。

マタニティウェアの意味や役割、メリットについて

マイナートラブルの予防として
つわりの軽減につながるため
母乳のため
ストレスをなくすため
おしゃれを楽しむため

マイナートラブルの予防として

マイナートラブルとは、頭痛やめまい、不眠、倦怠感、足の浮腫、静脈瘤のことで、ホルモンバランスの変化や、生活習慣から生じる血行不良、冷えなどが原因といわれています。マタニティウェアは、身体を締め付けすぎないようにデザインされており、お腹とお尻をしっかりと覆ってくれて下腹部の冷えを防ぎます。そのため、無理をして窮屈な服を着用せず、早めにマタニティウェアを取り入れるようにしてください。

つわりの軽減につながるため

妊娠初期から中期にかけて、つわりに悩む方は少なくありません。その頃はあまり妊娠しているお腹が目立たない時期ではあるものの、妊娠前に着用している洋服では胸や腹部を締め付けてしまうこともあります。締め付けがきついとつわりが悪化しやすくなるため、早めにマタニティウェアへの切り替えを検討してみてください。特に、下着に関しては緩めのシルエットのものがおすすめです。

母乳のため

妊娠が進むと乳腺が発達するため、バストアップする方もいます。しかし、その際に胸を締め付けすぎてしまうことで、乳腺が発達しにくくなるかもしれません。乳腺が発達しないということは、うまく母乳が作られないことでもあります。マタニティブラを着用することで、母乳の質や量を良くします。マタニティウェアは妊娠中の身体をケアするだけでなく、生まれてくる赤ちゃんのためにも必要であることは覚えておきましょう。

ストレスをなくすため

どんどん身体が変化していく妊娠中は、ストレスが溜まりやすくなっています。ストレスを溜めることでマイナートラブルの原因にもなり、妊娠中の健康に影響が出てくるかもしれません。ストレスを溜めないためにも、できるだけゆったりとした洋服を着用して、おだやかな気持ちで過ごすように心掛けてください。普段の洋服では締め付けられるなど不快に感じてしまうこともあるため、マタニティウェアを着用しましょう。

おしゃれを楽しむため

妊娠中はおしゃれを楽しむことができないと、諦めている方も多いのではないでしょうか。しかし、最近ではマタニティウェアの種類も充実してきているため、妊娠中におしゃれを楽しんでいるママさんは少なくありません。おしゃれをすることでストレスも軽減させることができるため、好きなデザインの洋服を探してみてください。もちろん自分が着やすい服というのが大前提ですが、明るい気持ちで過ごしていきましょう。

マタニティウェアの種類

マタニティウェアの種類は主に下記のような物があります。

  • 種類
    トップス
    ワンピース
    ボトムス
    レギンス
    マタニティブラ
    キャミソール
    ショーツ
  • ポイント
    着回しの利くものを複数準備
    お腹や腰回りをカバーできる丈の長いタイプがおすすめ
    妊娠中はフルに着まわすことがある
    なるべくオーソドックスなデザインと伸縮性のある素材を選んでおくと良い
    ウェストがニットやゴムになっていて、伸縮性の高いパンツが便利
    冷え対策として用意しておきたい
    長めのチュニックやワンピースと合わせやすい
    妊娠すると、平均で2サイズはバストアップする
    伸縮性に優れ締め付けないノンワイヤータイプのブラジャーがおすすめ
    妊娠中は汗をかきやすくなるため、通気性や吸汗性に優れた肌着を用意しておくと快適に過ごせます
    お腹の冷えを守ってくれるショーツがおすすめ
    伸縮性があり、ゆったりとサポートしてくれるものがおすすめ

マタニティウェアを用意したいけど、どんな服を用意しておけば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ひとくちにマタニティウェアと言っても、その種類はさまざまです。数多くあるマタニティウェアのなかから、自分に必要なアイテムの選び方について種類別に詳しくご紹介していきます。

マタニティウェア1 トップス

いくつか用意しておきたいのがトップスです。いろいろな袖丈の種類がありますが、着回しの利くものを準備しておきましょう。自分の持っているアイテムと合わせるときでも、お腹をしっかりとカバーしてくれるため、身体を冷やすことなく過ごすことができます。ゆったりとお腹や腰回りをカバーできる丈の長いタイプがおすすめです。

マタニティウェア2 ワンピース

ワンピースはお腹を締め付ける心配がなく、妊娠中はフルに着まわすことができるため、1つは持っておきたいアイテムです。なるべくオーソドックスなデザインと伸縮性のある素材を選んでおくと、いろいろな場面で活用できます。夏は涼しく過ごすことができ、冬は足元までしっかりと隠してくれるため、幅広いシーンで活躍してくれるでしょう。

マタニティウェア3 ボトムス

ウェストがニットやゴムになっていて、伸縮性の高いパンツが1本あると便利です。お腹周りをしっかりと包み込んでくれるタイプを選びましょう。ジーンズ素材のデニムなら、どんなファッションでもコーデしやすいため人気のアイテムです。また、最近ではウェスト部分が着脱式やアジャスター付きで産後まで着られるデザインも増えています。

マタニティウェア4 レギンス

冷え対策として用意しておきたいのが、タイツやレギンスといったレッグウェアです。伸縮性が高く肌にやさしい素材であることが大切です。長めのチュニックやワンピースと合わせても可愛くコーデでき、履き心地を重視できることからも、妊娠中なら持っておきたいアイテムのひとつです。色や柄などで遊んでみても良いかもしれません。

マタニティウェア5 マタニティブラ

妊娠すると、平均で2サイズはバストアップします。胸を締め付けすぎてしまうことで母乳を作る乳腺の発達を防ぎ、うまく母乳が作れなくなるかもしれません。そのためにも、伸縮性に優れ締め付けないノンワイヤータイプのブラジャーがおすすめです。また、サイズアップしたときのことを考えて、数段階サイズ調整ができるホック付きが便利です。

マタニティウェア6 キャミソール

妊娠中は身体がどんどん変化していくため、汗をかきやすくなります。坂道はおろか、少し家事をしただけでも汗だくになってしまうでしょう。そこで、通気性や吸汗性に優れた肌着を用意しておくと快適に過ごすことができます。お腹周りを冷やさないように、お腹までしっかりと包み込んでくれる長さがあると安心です。

マタニティウェア7 ショーツ

お腹周りの冷えなどが原因でマイナートラブルが起きるかもしれません。母子の健康をしっかりとケアするためにも、お腹の冷えを守ってくれるショーツを用意しておきましょう。ウェストをゴムで締め付けず伸縮性があり、ゆったりとサポートしてくれるものを選んでください。体調のサインがわかりやすいよう、クロッチ部分は白がおすすめです。

マタニティウェアの使用期間

どのタイミングで、マタニティウェアの着用を検討すれば良いのか迷っている方も少なくないでしょう。妊娠中は産後の準備などで、自身の身体をケアすることに時間が取れなくなってしまうかもしれません。そのため、余裕を持ってマタニティウェアを用意してください。

期間に適した選び方

お腹周りの変化や体重の増加は、個人差が大きいものです。しかし、用意するタイミングとして、一般的に妊娠4ヶ月目ごろからと言われています。ただし、4ヶ月目に入ってから慌てて準備するのではなく、余裕を持って購入するように心掛けておきましょう。

妊娠初期や産後にも着用できる

マタニティウェアの目的はお腹の締め付けを避けることなので、妊娠初期のあまり身体に変化がない段階で着用する必要はありません。ただ、自分が妊娠していることに気づいてもらうために、マタニティウェアを着用する方もいます。また、授乳対応や臨月まで使うことができるのも特徴のひとつです。

ママにおすすめ!安くて使いやすいマタニティウェア!

今回紹介したマタニティウェアの他にも、まだまだおすすめのウェアがあります。妊娠中おしゃれに快適に過ごせるマタニティウェアをぜひチェックしてみてください。
>>マタニティウェアはこちら

今回紹介したマタニティインナーの他に、まだまだおすすめのインナーもあります。インナーは複数持っておきたいので、ぜひチェックしてみてください。
>>マタニティインナーはこちら

マタニティウェアで妊娠中もおしゃれに過ごそう!

今回は、妊娠中のママに欠かすことができないマタニティウェアについてご紹介してきました。基本的には身体の締め付けを軽減させることが目的ですが、母子ともに健康な身体を維持するうえでも必要なアイテムです。
今回ご紹介した商品はすぐに売り切れてしまうこともありますので、気になったらお早めにチェックしてみてくださいね。