ベビー用品ならベビーザらスTOP シーン別おすすめおもちゃ、ベビー用品紹介記事まとめ 人気ベビーカーランキング!A・B型の種類と選び方・おもちゃを紹介

人気ベビーカーランキング!A・B型の種類と選び方・おもちゃを紹介

赤ちゃんとお出かけするときに必要不可欠なベビーカーですが、メーカーや種類がたくさんあって「何を基準にして選べば良いのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、それぞれのタイプの特徴やメリット・デメリットだけでなく、おすすめのベビーカーまで一気にご紹介していきます。

ベビーカーA型とベビーカーB型の違いを知ろう

そもそも、ベビーカーは大きくA型とB型の2種類に分けられます。

  • A型
  • B型
  • SG基準
  • 新生児期を過ぎて(1カ月)から、または、首がすわった乳児期(4カ月)から使用でき、最長で48カ月までの間で使用期間を定めたベビーカー
  • おすわりができる時期(7カ月)から使用でき、最長で48カ月までの間で使用期間を定めたベビーカー
  • 特長
  • 居住性を重視
  • 軽さや小回りに特化
  • メリット
  • 新生児にも使える
  • 値段が安い
  • デメリット
  • 重量がありサイズも大きめ
  • 居住性と衝撃耐性が悪い

一般財団法人製品安全協会「ベビーカーのSG基準」参考

大きな違いは、使用できる時期です。A型のベビーカーであればリクライニング機能があり生後早くから使え、B型のベビーカーは軽量コンパクトでおすわりができる7ヶ月ごろから使えるようになります。

「ベビーカーのSG基準」とは

ベビーカーのSG基準とは、ベビーカーの安全性品質及び、使用者が誤った使用をしないための必要事項ついて定めた基準です。基準を設ける目的としては、消費者の身体に対する危害防止、安全を図ることを目的としています。

A型ベビーカー、B型ベビーカーという分類は、「製品安全協会」が定めるSG規格によって作られています。ただし、SGマークはすべてのベビーカーが取得しているわけではありません。

ベビーカーA型の特長・メリット・デメリット

まずA型について特長・メリット・デメリットを紹介していきます。

ベビーカーA型の特長

SG基準において新生児から使うことができるベビーカーA型は、居住性に優れていることが最大の特徴です。赤ちゃんへの負担も少なく、連続使用時間は2時間以内とお散歩にも快適。リクライニング機能があることからも、赤ちゃんを寝かせたまま使えます。SG規格では150度以上、4ヶ月以上の新生児向けなら130度以上と定められています。

ベビーカーA型のメリット

移動中でも赤ちゃんが安心して眠れるようにリクライニング機能が備わっているため、赤ちゃんを寝かせたままでも使用できるのは大きなメリットとなるのではないでしょうか。生後1ヶ月ほどから使うことができるため、生後早くからお散歩や買い物などでベビーカーを使ってお出かけをしたいという方にはおすすめです。

ベビーカーA型のデメリット

ベビーカーを購入するうえで、赤ちゃんの安全性を考慮することも大切ですが、使いやすさや価格の安さを重視するという方も多いのではないでしょうか。ベビーカーA型は新生児向けに作られているため、ベビーカーB型に比べて少し値段が高くなります。また、重量があり、小回りも利かないのであまり遠出には向いていないかもしれません。

ベビーカーB型の特長・メリット・デメリット

次にベビーカーB型の特長・メリット・デメリットをご紹介します。

ベビーカーB型の特長

新生児のころは抱っこでお出かけをするため、ベビーカーは必要ないという家庭も少なくないでしょう。ベビーカーB型は、首や腰のすわった乳幼児を想定して作られています。そのため、居住性や衝撃耐性はあまり重視されていません。ただし、ベビーカーA型よりも利便性は増しているため、「セカンドベビーカー」としての位置づけも強いのも特徴です。

ベビーカーB型のメリット

ベビーカーは赤ちゃんと外へ出かけるときのために使われるものなので、使いやすさは従事したいところ。ベビーカーA型と比べても、軽量化されており、小回りが利くため外出に便利です。また、リクライニング機能や対面式にできる機能がないため、値段も安く「セカンドカー」として購入するのにはうってつけのベビーカーです。

ベビーカーB型のデメリット

ベビーカーA形に比べても軽量化されており、小回りも利くため遠出には便利ですが、その代わりに赤ちゃんの居住性は悪いのはデメリットと感じるかもしれません。そのため、連続使用時間の目安は1時間と少なめ。また、リクライニング機能などが備わっておらず、首や腰がすわっていない生後7ヶ月未満の赤ちゃんには使えないため注意が必要です。

ベビーカーA型・B型以外のタイプ

基本的にはA型ベビーカーとB型ベビーカーが主流となっていますが、ニーズに合わせて多くの商品展開がされているのも特徴です。どのタイプを使用するかは、どのような場面で、どういった感じて使いたいのかを想像しながら決めると良いでしょう。ここでは、A型やB形以外に展開されている個別のタイプをそれぞれ詳しくご紹介します。

三輪タイプのベビーカー

最近では、「高機能」「高価格帯」のベビーカーに注目が集まっています。そのなかでも、海外のセレブが使っていることで人気に火が付いたのが、三輪タイプのベビーカーです。デザイン性や走行性に優れているだけでなく、エアタイヤを採用しているため振動が少ないのが特徴です。ただし、重量があったり大きすぎたりすることもあり、注意が必要です。

バギータイプのベビーカー

もともと軽量化されているB型ベビーカーを、さらに軽量でコンパクトにしたものはバギータイプと呼ばれています。大きいタイプだと持ち運びに不便ですが、折り畳み可能なため2台目として購入する家庭も少なくありません。ただし、リクライニング機能がなく、乳幼児への負担が大きいことからも、長時間の使用には適していないのがデメリットです。

おすすめベビーカーの選び方!用途別で紹介

いろいろなタイプのベビーカーがあるけど、結局どれを選べば良いのかわからないという方も少なくないでしょう。各ベビーカーメーカーがこぞって多くの機能を付けていますが、便利なベビーカーを用途ベルにご紹介していきます。自分が普段から使うであろう場面から、どの機能が必要なのかをみていきましょう。

電車移動が多いという場合には軽量のものを

電車やバスといった公共交通機関を利用することが多いのであれば、持ち運ぶことを考慮して選ぶと良いでしょう。6kg以上のベビーカーを持ち上げるとなるとかなり大変です。そのため、5kg未満など軽量のものを持っていると楽かもしれません。少しでも体力の消費を抑えるためにも、重量には敏感になるべきです。

車移動が多い場合はトラベルシステムがあるものが便利

車移動が多い場合は、トランクや後部座席などに積み込むことを想定して選ぶようにしましょう。チャイルドシートとベビーカーが一体になっているトラベルシステムが採用されていたり、座席を外してそのまま車に乗せることができたりするベビーカーは海外製品の方が充実しています。ただし、規格が大きいものがあるなど注意が必要です。

坂道やデコボコ道で使うことが多い場合にはサスペンション機能を

近所へ散歩や買い物へ出かける際に多く利用するのであれば、衝撃を最小限に和らげてくれるサスペンション機能が備わったタイプのベビーカーが力を発揮します。坂道やデコボコ道といったアスファルトを歩く場合は、安定性があり走行性にも優れています。段差にも強くなるので、狭い路地やスーパーで小回りを利かせるのにも便利です。

おすすめベビーカー10選

各メーカーから数多くのベビーカーが発売されているため、どれを購入すれば良いの?と悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。ベビーカーを選ぶ基本としては先にもご紹介した通りですが、そのなかでも特におすすめしたいタイプを厳選して、それぞれの特徴を交えながら詳しくご紹介していきます。

今回ご紹介したベビーカーの他にもおすすめのベビーカーがございます。用途にあったベビーカーをぜひ検討してみてください。

>>ベビーカーを詳しくチェックする

ベビーカーと一緒におすすめ!人気オプションアイテム紹介

赤ちゃんがベビーカーで快適に過ごすためには、本体の使用だけでなく、付随品にも目を向ける必要があります。はじめてベビーカーを購入する方にとって、どれが魅力的なものなのか迷ってしまうかもしれません。そこで、主要に使われるものをピックアップしてご紹介します。日常的に使うものだからこそ、臨機応変に使いこなしていきましょう。

ベビーカー用おもちゃ

ベビーカーでお出かけしいけど、すぐにぐずってしまう。こういった悩みは誰もが抱えているものです。そこで用意したいのが、取手やフチに取り付けられるベビーカー用のおもちゃです。持ち運びが便利な小さなサイズであることが特徴的で、口に含んでしまっても大丈夫なように、コットンやポリエステル製など安全素材がおすすめです。

ベビーカー用フック

ベビーカーのなかにはバスケットつきのものも販売されていますが、買い物袋などで手がふさがってしまうのも防いでくれるのがベビーカー用フックです。また、キャラクターものも多く、おもちゃとして代用することもできます。ベビーカーだけでなく自転車の買い物かごに取り付けられるタイプのものも販売されていますよ。

ベビーカー用レインカバー

赤ちゃんを日差しから守ってくれるサンシェードつきのベビーカーは多いですが、雨風から守ってくれるわけではありません。そこで重要なのが、レインカバーやホロです。選ぶ際には、撥水加工やUV加工が施されているかをチェックしておきましょう。また、特大サイズのものが備え付けられているものもありますよ。

ベビーカー用シート

拭きこぼしてしまったり、粗相をしてしまったりと赤ちゃんには汚れが付きものです。そこで欠かせないのがベビーカー用シート。さまざまなタイプのものが販売されていますが、リバーシブルタイプや、洗濯機で丸洗いできるものが便利です。誰でも必要になってくるものなので、ベビーカーを買う際は一緒にチェックしてみましょう

ぴったりのベビーカーを見つけましょう

今回は、おすすめのベビーカーや種類、選び方を解説しました。ベビーカーと一口にいってもさまざまな種類があることがわかったのではないでしょうか。ぜひこの記事を参考にしてあなたにピッタリのベビーカーを探して下さいね。